心理学の傑作10選|富を築き 成功を手にする 75の傑作

2018年5月5日

この記事は2015年に著者が発行したレポート「富を築き成功を手にする75の傑作」を改定したものです。

読書好きのバンドマン
さあ心理学編です!

読書好きのシンガー
これは面白そうですね!

読書好きのバンドマン
心理学を勉強したことってあります?

読書好きのシンガー
たま~に話題になってそれ系の本を読んだことはありますけど、それくらいですね

読書好きのバンドマン
僕がコピーライティングやマーケティングを学ぶときに、心理学も一緒に学ぶんですね。ほんとにレバレッジが強いというか、応用が利くスキルなんですよ

読書好きのバンドマン
これから紹介する本の中には、大学の教材に使われていたり、研究者が何十年も前に書いた古典だったり、難しいものもあると思います。でも、読みやすいものも紹介するので楽しみにしてください!

読書好きのシンガー
よろしくお願いします!

心理学編

心理学を学ぶメリットは計り知れません。
心理学とは、そのまま人間の心を学ぶことです。人の心はどのように動くのか?どのように感じるのか?そうしたことを学べばビジネスで大きな成功を手にできるだけでなく、人間関係を構築したり、修復したり、より自分自身を知ることで自己実現、幸せに近づきます。
心理学を学ばない人の人生は、暗闇を闇雲にうろつくようなものです。いつ落とし穴に落ち、抜け出せなくなるか分かりません。心を理解することで暗闇に明かりと地図をもたらすことになります。心を学ぶことで毎日の生活から損を減らし、益を増やすことができます。

影響力の武器|ロバート・B・チヤルディーニ

影響力の武器|ロバート・B・チヤルディーニ
影響力の武器|ロバート・B・チヤルディーニ

マーケッター、セールスマンなら必ず読んでいるといわれている名著です。行動心理学者のロバート・B・チヤルディーニ氏が様々な研究や、悪徳業者のへ潜入調査から、心理学における実践的なテクニックをまとめ上げました。何が人に影響を与え、行動を促すのか、深い洞察から学べます。人を説得して思い通りに行動させる「攻め」の書だと思われていますが、著者自身は、悪徳業者や心理テクニックにコントロールされないための「守り」の書だと言っています。

内容紹介
社会で騙されたり丸め込まれたりしないために、私たちはどう身を守れば良いのか? ずるい相手が仕掛けてくる“弱味を突く戦略”の神髄をユーモラスに描いた、世界でロングセラーを続ける社会心理学の名著。待望の第三版は新訳でより一層読みやすくなった。楽しく読めるマンガを追加し、参考事例も大幅に増量。ネット時代の密かな広告戦略や学校無差別テロの原因など、社会を動かす力の秘密も体系的に理解できる。

内容(「BOOK」データベースより)
セールスマン、募金勧誘者、広告主など承諾誘導のプロの世界に潜入。彼らのテクニックや方略から「承諾」についての人間心理のメカニズムを解明。情報の氾濫する現代生活で、だまされない賢い消費者になると共に、プロの手口から人を説得するやり方を学ぶ。

影響力の科学|ロバート・B・チヤルディーニ、クライス・T・ケンリック、スティーヴン・L・ニューバーグ

影響力の科学|ロバート・B・チヤルディーニ、クライス・T・ケンリック、スティーヴン・L・ニューバーグ
影響力の科学|ロバート・B・チヤルディーニ、クライス・T・ケンリック、スティーヴン・L・ニューバーグ

上と同じくロバート・B・チヤルディーニ氏の本ですが、こちらはアメリカの大学の心理学部で実際に教科書としても使われている上位版です。影響力の武器の内容をさらに深く、広く解説されていて、心理学研究の最先端を知ることができます。あなたが今日、買ったもの、やったことのほとんどを、この本にある心理法則で説明することができるでしょう。

・アメリカ9.11同時多発テロの実行犯を、気づきながらにして見過ごしたFBIの奇妙な集団心理とは?
・元アメリカ合衆国大統領夫人であり元国務長官のヒラリー・クリントンの評価は「好きと嫌い」なぜ両極端なのか?
・天才詐欺師は、なぜ人を騙し続けることができるのか?しかも、好かれながら、、、
・“日本のシンドラー”杉原千畝はなぜ、将来を棒に振ってまでユダヤ人にビザを発給し続けたのか?
・逃亡生活を送っていた『セブン・イヤーズ・イン・チベット』の著者はなぜ、分不相応にも関わらずダライ・ラマと親しくなれたのか?
・歳の差20歳の夫婦が、互いに浮気しあっても夫婦であり続けた人間心理の妙とは?
・目立たず凡人だったマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の華麗なる転身の秘密とは?

不合理だからうまくいく|ダン・アリエリー

不合理だからうまくいく|ダン・アリエリー
不合理だからうまくいく|ダン・アリエリー

人間の行動がいかに不合理なのかを、ユニークな視点から語っています。本書は行動心理学、行動経済学という学問で、心理学や経済学とは少し違います。
心理学や経済学で人は合理的で理論通りに動くとされています。しかし、人間は理性的には合理的でないとわかっていても、不合理にふるまうことがあります。その不合理性を含めたのが行動心理学や行動経済学という学問です。

内容紹介
為末大氏推薦!
「何気ない選択が自分を作ってきた。行動経済学を学び、今まで気づかなかった自分の選択の癖を知れば、きっと人生が変わるはず。」

内容(「BOOK」データベースより)
「超高額ボーナスは社員のやる気に逆効果?」「水を加えるだけのケーキミックスが売れなかったわけは?」「子供に野菜を食べさせる秘訣は?」「お金をかけるなら『家具』と『旅行』のどっち?」―行動経済学ブームに火をつけたアリエリーの第二弾は、より具体的に職場や家庭で役立てられるようにパワーアップ。人間が不合理な決断を下してしまう理由を楽しく解き明かす!

予想どおりに不合理|ダン・アリエリー

予想どおりに不合理|ダン・アリエリー
予想どおりに不合理|ダン・アリエリー

「不合理だからうまくいく」は行動経済学の観点から人の不合理性を利用して、人を思い通りに動かすテクニックが紹介されています。しかし、本書は人間の不合理性から、あなた自身の行動を説明してくれます。自分でも納得のできない無駄遣いをしてしまったり、言うつもりのないことを言ってしまったり、合理的ではないあなたの行動がなぜ起こったのか、それを理解することができます。

内容(「BOOK」データベースより)
「現金は盗まないが鉛筆なら平気で失敬する」「頼まれごとならがんばるが安い報酬ではやる気が失せる」「同じプラセボ薬でも高額なほうが効く」―。人間は、どこまでも滑稽で「不合理」。でも、そんな人間の行動を「予想」することができれば、長続きしなかったダイエットに成功するかもしれないし、次なる大ヒット商品を生み出せるかもしれない!行動経済学ブームに火をつけたベストセラーの文庫版。

著者について
ダン・アリエリー Dan Ariely
行動経済学研究の第一人者。デューク大学教授。ノースカロライナ大学チャペルヒル校で認知心理学の修士号と博士号、デューク大学で経営学の博士号を取得。その後、マサチューセッツ工科大学(MIT)のスローン経営大学院とメディアラボの教授職を兼務した。また、ユニークな実験研究によりイグ・ノーベル賞を受賞している。2008年に刊行された本書『予想どおりに不合理』は、米国各メディアのベストセラーリストを席巻した。他の著書に『不合理だからすべてがうまくいく』、『ずる――嘘とごまかしの行動経済学』(いずれも早川書房刊)がある。

人間性の心理学|A・H・マズロー

人間性の心理学|A・H・マズロー
人間性の心理学|A・H・マズロー

「マズローの五段階欲求」で知られるフロイトやユングと並ぶ心理学の巨匠A・H・マズロー氏の研究成果をまとめた名著。驚異的な頭脳を持っていたマズロー氏が、人間の欲求はどのように発生し、満たされていくのかを研究した集大成です。人間には多くの欲求が存在しますが、それをどのように満たせばいいのか、精神性の病はどのように起こっているのか、人間の心理を理解するうえで欠かすことのできない名著です。

内容(「BOOK」データベースより)
予見に満ちた、いわば「現代の聖書」!人間は変わりうる存在であり、可能性を開発・探究することによって健全な真の人間のあり様が獲得できる。それは全体的であると同時に力動に満ちたものである。死後、ますますその名声が高まりつつあるマズロー畢世の名著。

マズロー,アブラハム・H.
1908年生まれ。34年ウィスコンシン大学にてPh.D.(心理学)を取得し、ブルックリン大学教授、ブランダイス大学心理学科長となる。67年~68年アメリカ心理学会会長。70年没。人間の心の問題を深くとらえた人間主義的な心理学アプローチをとり、「自己実現」「至高体験」などの概念を生み出した

感情力|フランソワ・ルロール、クリストフ・アンドレ

感情力|フランソワ・ルロール、クリストフ・アンドレ
感情力|フランソワ・ルロール、クリストフ・アンドレ

人には常に様々な感情が入り乱れています。感情を認識していないと、感情に振り回され、理性的な考えができなくなります。精神科医である二人の著者が代表的な8つの感情とどのように付き合っていけばいいのかを教えてくれます。自分の感情を理解し、コントロールすることは成功と幸福の第一歩です。

内容(「BOOK」データベースより)
怒り、羨望、喜び、悲しみ、羞恥、嫉妬、恐怖、恋愛…人は誰しも日々さまざまな感情を抱く。だが、これほど扱いに困るやっかいなものはない。いったいどのようにコントロールすればよいのか?精神科医のコンビが、豊富な実例や図表、楽しいコラムを交えながら、感情のメカニズムを平易に解説。“感情力”を高めて、それぞれの感情とうまくつきあっていく方法を具体的にアドバイスする。感情のもつれから来る人間関係のトラブルを避けるために、あるいは、自分自身とうまく折り合いをつけるために必読の一冊である。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ルロール,フランソワ
精神科医。ネッケル病院の医長を務めたあと、カリフォルニア大学で行動療法を学ぶ。職業的なストレス予防の分野で企業の顧問医を務めている

アンドレ,クリストフ
精神科医。トゥールーズの大学で精神医学を学んだあと、パリのサン=タンヌ病院に勤務。社会恐怖症および集団精神療法の専門家で、企業の顧問医も務めている。また、パリやボルドーなどいくつかの大学で講座を持っている

買い物する脳|マーティン・リンストローム

買い物する脳|マーティン・リンストローム
買い物する脳|マーティン・リンストローム

最新の脳科学が明らかにした驚きの脳のシステムを学ぶことができます。そして、それをビジネスに応用したものが「ニューロンマーケティング」と呼ばれる本書で提唱されているものです。あなたはCMを見たときにどのように感じるでしょうか?それはあなたの脳が実際に感じていることと違うかもしれません。2000人以上の脳波を測定した結果から導いた人の脳と買い物の驚きの関係性を知ることができます。

著者について
リンストローム・カンパニー会長兼CEO、バイオロジー(Buyology)社会長。1970年デンマーク生まれ。11歳で自宅の庭に作った「レゴランド」の広告を新聞に掲載。広告の効果に驚き(レゴ社から商標侵害で訴えると警告された)12歳で広告代理店を開設。会社を売却し、14歳から母親とともに世界中をヨットで旅行。広告専門学校に学んだあと、BBDOインタラクティブ・ヨーロッパに入社。3年後にはBBDOインタラクティブ・アジアを創立し、両社はインターネット時代の大手ソリューション企業に育った。30歳でBTルックスマート社のCOOに就任。その後、ニューロマーケティングに魅せられ、バイオロジー社を設立。
現在では、世界的に称賛を集めるマーケティングのグルとして、レゴ、マクドナルド、ネスレ、アメリカン・エキスプレス、マイクロソフト、ウォルト・ディズニー、グラクソ・スミスクラインなどの経営幹部たちにアドバイスし、世界中で毎年約100万人を相手に講演を行なっている。彼の活動はUSAトゥデイ紙、フォーチュン誌、ワシントン・ポスト紙といった新聞・雑誌や、60ミニッツなど
のテレビ番組でも数多く取り上げられている。前著『五感刺激のブランド戦略』はウォールストリート・ジャーナル紙では「歴代マーケティング書の十指に入る傑作」と絶賛された。彼の著書はこれまで25カ国語に翻訳されている。年間300日以上、世界中を飛び回っている。

説得の心理術|デイブ・ラクハニ

説得の心理術|デイブ・ラクハニ
説得の心理術|デイブ・ラクハニ

洗脳、心理操作といった危険なテクニックにあふれた本です。後半はセールスマーケティングへの応用を学ぶことができますが、前半では「影響力の武器」などにも共通した心理テクニックが紹介されています。カルト教団で過ごした著者が他人を操る危険な心理操作を、包み隠さず公開しています。

デイブ・ラクハニ
全米屈指の「説得術」のエキスパート。世界初のビジネスアクセラレーション・ストラテジー企業「ボールド・アプローチ」社長。7歳から母と弟と共にカルト教団で過ごすが、教団に疑問を感じ、学校教育を求めて、16歳のときに1人で脱会。学業のかたわらで、洗脳や心理学、カルト教団の心理操作などについて独学。その後、NLPの創始者リチャード・バンドラーに師事、以来、20年以上にわたって「影響力」についての研究を続ける。

EQ こころの知能指数|ダニエル・ゴールマン

EQ こころの知能指数|ダニエル・ゴールマン
EQ こころの知能指数|ダニエル・ゴールマン

IQ(知能指数)に対してダニエル・ゴールマンが提唱しているのがEQ(こころの知能指数)です。豊かな人生を送るためには、単純に頭の回転がいいだけでは不十分。それどころか、心を無視した頭の良さは人生を破滅させる危険性があります。自分をコントロールし、他人を理解・共感し、社会的に助け合う能力がEQです。あなたがEQを高めれば自然と周りに素晴らしい人が集まってくるようになるでしょう。

内容紹介
社会で成功するためにはIQではなく、EQだ!!
人の真の能力はIQではわからない。人生で成功するために必要なのはEQだ──教育、家庭、仕事の常識を覆して日本人の価値観を変えた大ベストセラー!!
人の能力はIQでは測れない。人生に成功するかどうかを決めるのはEQ(こころの知能指数)だ。心理学博士ゴールマンの提唱した「EQ」はまたたく間に全世界に広がり、各国で大ベストセラーになった。IQ偏重で歪んだ社会の病理をあばき出し、本当の頭のよさとは何かをわかりやすく説く現代人必読の名著。

著者について
【ダニエル・ゴールマン】
カリフォルニア州ストックトンに生まれる。ハーバード大学大学院にて心理学の博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった後、「サイコロジー・トゥデー」のシニア・エディターを9年間務める。1984年からは「ニューヨーク・タイムズ」紙でおもに行動心理学について執筆してきた。ジャーナリストとして数々の賞を受賞。本書はアメリカだけでなく、日本も含めた全世界で大ベストセラーとなった。

嫌われる勇気|岸見一郎、古賀史健

嫌われる勇気|岸見一郎、古賀史健
嫌われる勇気|岸見一郎、古賀史健

フロイト、ユングと並ぶ三大心理学者の一人であるアルフレッド・アドラーのアドラー心理学に対し、哲学的な視点も加えた画期的な著書です。哲学者と青年の会話という形で学べます。自己嫌悪に陥って幸せとは何かがわからなくなった青年が、幸せや人生の意味を年老いた哲学者から学び、変わっていくというストーリーです。自由とは?幸せとは?生きるとは?数ある心理学の本の中でも特に影響が強く、考え方が180度変わるでしょう。

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか…。さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう―。

著者について
岸見一郎 哲学者。1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の西洋古代哲学、特にプラトン哲学と並行して、アドラー心理学を研究。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。著書『アドラー心理学入門』など。

古賀史健 ライター/編集者。1973年福岡生まれ。1998年、出版社勤務を経てフリーに。これまでに80冊以上の書籍で構成・ライティングを担当し、数多くのベストセラーを手掛ける。20代の終わりに『アドラー心理学入門』(岸見一郎著)に大きな感銘を受け、10年越しで本企画を実現。

読書好きのシンガー
「嫌われる勇気」は話題になって読みました!

読書好きのバンドマン
お!これは名著ですよね。難しいことをわかりやすくする、という意味でも学べることが多いです。続編の「幸せになる勇気」もいい本です。このレポートを作ったときにはまだ出版されてなかったので、ここでは紹介してませんけど

読書好きのシンガー
続編も気になってたんですよね。また読んでみます!ほかにおススメはありますか?

読書好きのバンドマン
ダン・アリエリの「不合理だからうまくいく」「予想通りに不合理」ですね。面白いですよー

読書好きのシンガー
へえ~どんな内容ですか?

読書好きのバンドマン
行動経済学の研究がもとになっていますが、ただの研究結果や理論の紹介ではなくて、実例、ストーリーが大量に紹介されています

読書好きのバンドマン
あとは「人間性の心理学」めちゃくちゃヘビーな本なんですが、現代心理学の基礎理論でもあるので、興味があるならぜひ読んでほしいですね!